即日10万借りる方法と審査について

即日10万借りる方法と審査について

即日10万借りる方法と審査について

審査で判断される重要項目とは

カードローン、クレジットカード、引っ越し、生命保険、入出国・・・現代社会に生きていると様々なことで審査されるものがあります。学校への入学や就職もある意味同じようなものです。それぞれに重要視される項目がありますが、お金を借りる場合はどのような点に気をつけたらよいのでしょうか。カードローンやクレジットカードは似たような項目をチェックされます。まず大切なのが年収、現在ある借り入れ件数と借入総額、勤続年数、年齢、住居形態などです。収入がなければお金を返すことができませんので、例え10万円程度の少額であっても契約することが難しくなります。

また消費者金融では年収の3分の1以上の貸し出しをすることができませんので、10万円借りる場合は年収で30万円以上ある必要があります。ただし50万円未満の限度額であれば収入証明書の提出が不要となっているところも多く、希望額を10万円にしていれば不要のまま契約となることがほとんどでしょう。勤続年数は3年以上あれば評価はプラスになります。最近転職したばかりの場合はマイナス評価になってしまうこともあります。転職を繰り返しているとなかなかカードの契約ができないこともありますので注意しましょう。それと同時に年齢も実は非常に大切なのです。

特にカードローンは長い付き合いとなる金融商品ですので、将来どのくらいの収入があるのかが判断の基準になります。年収300万円の22歳と年収600万円の60歳では、22歳のほうが評価を高くする金融機関もあります。60歳の人の年収は22歳の人の倍ですが、5年でリタイアしてしまうことを考えると、将来入ってくるお金は22歳のほうが多い可能性が高いのです。住居形態では、マイホームを持っている人の評価が一番高く、貸家では長く住んでいるほうが評価が高くなります。

引っ越しを繰り返していると逃亡の恐れがあると判断されてしまうこともあります。また引っ越しにもお金がかかりますので、いわゆる「引っ越し貧乏」だと思われてしまうことも。お金が必要なことが予想される場合は、できるだけ転職前、引っ越しする前に契約を済ましておくと良いでしょう。どこの金融機関も最低限度額が10万円となっているところが多く、契約できる=10万円は借りることができると思って間違いありません。長期間借りる場合はできるだけ金利の低い金融機関を選んだほうが、将来的なコストを抑えることができます。

 

即日で借りる場合の方法と注意点

即日融資を実施している銀行や消費者金融はたくさんありますが、それぞれ一定の条件をクリアしないと、その日のうちにお金を借りることは難しくなります。まず申し込みをする日は、必ず働いている会社に誰か人がいる日を選ばなくてはなりません。在籍確認で誰も電話に出ることができないと、手続きがそこでストップしてしまうためです。必ずしも自分が電話に出る必要はなく、その会社に勤めていることが判断できれば良いのです。

自分で出たい場合は始業前にスマートフォンやパソコンからWeb申し込みなどの方法で手続きを進めておくと良いでしょう。銀行のカードローンの場合は預金口座も作る必要があるところがありますので、あらかじめ用意しておきましょう。必要ない銀行もあります。融資の実施はカードを受け取ることができればそのカードを利用できますが、振り込みをしてもらうことができる金融機関もあります。その場合銀行営業時間内か、契約した銀行の預金口座へ振り込みを依頼しないと、その日のうちに着金しないこともあります。お昼休みの申し込みでは間に合わない可能性があるため、午前中の申し込みがオススメなのです。

カードは店頭や自動契約機で受け取ることが可能です。カードがあればそのまますぐに10万円引き出すこともできます。信用力によっては10万円以上の限度額を提示されることもありますが、使わない場合でも限度額は高くしておいたほうがメリットがあります。それは金利は限度額の高さによって決定される金融機関も多いためです。10万円では最低ラインとなってしまいますので、金利も高くされてしまうことがあります。もし100万円以上の限度額を提示されたら、迷わず100万円にしておきましょう。利息制限法では100万円以上の契約では上限金利が15%以下に引き下がるためです。10万円の契約では18%近い金利となってしまうことも多いのですが、100万円の限度額で10万円借りれば最大でも15%となり、それだけ利息負担も少なくなります。

クレジットカードでも即日発行ができるものがあります。10万円を借りる方法はキャッシング機能をつけておけばカードローンでなくても可能です。ただしクレジットカードではショッピングとキャッシングでそれぞれ別々に審査が行われますので、それだけ時間がかかることもあります。受け取れるカードは仮カードではなく、本契約のカードでないと利用できませんので、説明をしっかりと読んでからカード会社を選びましょう。